TOEFL60点のレベル感と勉強法を徹底解説

TOEFL60点の勉強法

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では「TOEFL60点のレベル感と必要な勉強法」を紹介します。

「TOEFL60点以上を目指している方」や「勉強法で困っている人」の参考になれば幸いです。

TOEFL60点を取得することでアメリカのコミカレや、オセアニア圏のファンデーションコースへの進学が可能になります。TOEFL60点のレベル感としては、およそ英検の準1級に合格する程度です!

それでは詳しくみていきましょう!

TOEFL60点 レベル感

難易度 比較

まずは、TOEFL60点を他の英語テストと比較して確認してみましょう:

IELTSTOEFL iBTTOEIC英検
9.0116 – N/AN/A
8.0 – 8.5106 – 115N/AN/A
7.0 – 7.595 – 105945 – 9901級+
6.0 – 6.572 – 94805 – 940準1級 – 1級
5.0 – 5.555 – 71605 – 800準1級
4.0 – 4.542 – 54410 – 6002級

これまでの弊社の受講生データを参照すると、以下がよりTOEFL60点のレベル感に近いスコア換算です:

  • IELTS:5.0
  • TOEIC:750点前後
  • 英検:準1級

IELTSとの比較では、IELTS5.0(9.0満点)ほどで、5.5には若干届かないといったレベル感です。また、TOEFL60点は英検準1級、TOEIC750点程度と同等レベルです。

資格はあくまで参考程度にしてください。特に、TOEICとの換算は人によって大きく振れます。

例えば、TOEICで900点がある人でもスピーキングやライティングに苦手意識がある人はTOEFLは60点ぐらいからスタートすることもあります!

必要な勉強時間

仮に、英語の勉強をこれから始める場合、TOEFL60点を取得するために必要な勉強時間の目安は以下の通りです:

  • 英検3級:約1,000時間+
  • 英検2級:約300時間+
  • 英検準1級:約100時間+

仮に、英検3級(中学レベル)からTOEFL60点を目指す場合、1日3時間の勉強を約1年ほど続けることで、TOEFL60点を取得できるレベルに到達します。

英検2級(高校レベル)からですと、1日3時間の勉強を約3か月ほど、英検準1級ぐらいの方ですと、1か月ほど集中してスピーキングとライティング対策をすると到達します。

TOEFL60点を目指される方はスピーキングとライティングを疎かにしないようにしましょう。この2つのセクションは、18点(30点満点)までは比較的スコアが取りやすいため得点源にすることができます!

60点が必要になるケース

TOEFL 60点を求められるケースは基本的に以下のようなケースがあります:

  • ケース1:米のコミュニティカレッジ
  • ケース2:ファンデーションコース
  • ケース3:アジアの大学入学

TOEFL60点を取得すると、アメリカの2年生のコミュニティカレッジの進学基準を満たすことができます。4年制は80点以上であることが多いので気をつけてください。

また、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどのファウンデーションコースに入学することが可能です。

ファウンデーションコースとは、大学に進学する前の準備コースに当たります。ファウンデーションコースを終えると9割以上の確率で学部の1年次に正規留学することが可能です。

世界ランキングで上位のシドニー大学などにもTOEFL60点で進学することが可能です。TOEFLでの出願を受け付けていない大学もあるので、ウェブサイトから確認をしましょう!

TOEFL60点の勉強法

スコア配分

下記のスコア配分が、最短でTOEFL60点を目指す戦略です:

  • リーディング:11点
  • リスニング:14点
  • ライティング:18点
  • スピーキング:17点

スピーキングとライティング対策をして到達する戦略です。とにかく早く60点に到達したい人にオススメです

意外かもしれませんが、スピーキングとライティングは評価基準の関係から上記のスコアはリーディングとリスニングよりも取りやすくなっています。

一方で、時間がかかっても最終的に100点などが必要な人は、リーディングとリスニングを伸ばし切ってください。あくまで60点が目標の人の勉強法になります!

アウトプット量が鍵

まず、TOEFL60点を取得するための勉強のポイントはアウトプットを量産することです。英語の間違いは気にせずに、話し続けること、書けることが大切です

「なんだ間違ってもいいのか」と言われても、いきなり話すこと書く量を増やすことは難しいです。そこで、「メモを取り、メモを参考に話す、書く」ことがポイントになります

何のメモを取るのか?

TOEFLは120点満点中、回答の半分以上の67点分がリスニングが関与しています。具体的には、スピーキングセクションで3題(4題中)、とライティングセクションで1題(2題中)でリスニングが含まれています。

ですので、リスニングのメモをとる練習をします。

メモをとるコツを覚えて、アウトプットにつなげていきます。メモを取るコツとしてとして、記号を使うことを覚えておきましょう

  • 「=」 :refer to, occur
  • 「∵」:Because, as a result of, due to, because, owing to
  • 「∴」:Therefore
  • 「=>」:result in, lead to, contribute to, give rise to, cause
  • 「≠」:isn’t, doesn’t, don’t, can’t
  • 「+」: many, lots of, a great deal of,
  • 「-」 :Little, few, lack ,in short of/ be in shortage of
  • 「!」 :Important, interesting

メモ取りは上記のような記号を使うことで、時間を短縮して音源に集中し続けることができますので、是非トライしてみてください!

リーディングの勉強法

それでは、TOEFL60点を目指すためのリーディングの勉強法をみていきましょう。リーディングで11点以上を狙うためには、パッセージの要点を理解することに注力します

TOEFLのリーディングで高得点を取るためには、1文ずつ丁寧に読めることが大切です。各文章の意味を問う設問が多いためです。

一方で、目標点が11点の場合は、話の流れをきちんとつかむことがポイントです。およそ1/3の設問は要点をつかむことで回答することができるからです。

勉強法としては、ライティングのリーディングパッセージと、リスニングの講義パートの要点理解をしていきます

要点を理解するとは、何のトピックにおいて、どういった具体例が展開されているかをメモをしながら読んでいくことを指します

60点を目指している人にとっては、TOEFLリーディングは難解すぎて理解が難しく挫折をしてしまいがちです。そのため、少しレベルを下げたところからスタートするのが鍵です!

リスニングの勉強法

次に、TOEFL60点を狙うにあたってのリスニングの勉強になります。リスニングで14点以上を獲得するためには、全体の流れをきちんと把握することが大切です

リスニングの勉強は、リーディング同様に要点理解に努めます。このレベル感の人は、細部を聞き取ることはできないと思います。ですから、細部を聞き取るのではなく、トピックの流れを聞き取るという意識を持ってください

いきなりリスニングの音源で練習をするのではなく、音源が短めのスピーキングとライティングのリスニングを活用することから始めましょう。

スピーキングやライティングの音源の流れがつかめるようになってから、より難易度の高いリスニングの音源に移りましょう

きちんとメモを取りながら聞くようにしましょう。そして、メモの内容が音源の内容と一致しているか、後からトランスクリプトと照らし合わせて確認することが大切です。

できれば、音源を聴いた後にどのようなことについて話していたか自分で口頭要約をしてみましょう。要約練習は、要点を理解していたかの確認のみならず、スピーキングにも大いに役立ちます。

以下が、音源を聞いた後の口頭要約のサンプルです。

こちらは私がしたものですので、このようにするのは難しいかと思いますが、自分ができる範囲で頑張ってみましょう。

TOEFLのリスニングは細部が完璧に聞き取れなくても、要点がきちんと理解できるようになれば20点前後は取得できるようになっています!

スピーキングの勉強法

次に、TOEFL60点を狙うためのスピーキング対策です。

スピーキングは4つのタスクが各4点満点で採点され、平均値が30点満点に換算されます。平均が2.16点のときにスコアが17点にになります。

  • タスク1: 2.5点
  • タスク2: 2点
  • タスク3: 2点
  • タスク4: 2点

2点の回答とは、以下のようなものです。

これほど間違いの多い英語で、ダラダラ話していても2点は出ると思うと少し気が楽になりませんか。スピーキングで15点をとるためには、とにかく時間いっぱい話すことを意識してください

スピーキングの勉強法としては、「メモ取り、テンプレ、オンライン英会話」の3つを併用します。

メモは10語を目安にとってください。メモを眺めながら5語前後の短い文章を構築する練習をします。長い文章を話す必要はありません。

このレベル感の人は、文章を話すのに時間がかかると思いますので、時折テンプレートを使用して考える時間を稼ぎます

以下にTOEFLスピーキングのテンプレートをまとめたので、必要な人は参考にしてください :

最後に、オンライン英会話を活用して話すことに対する抵抗感をなくします。とにかく関係があることを時間いっぱい話せば17点はでますので、自信を持って話そうとする姿勢を身につけるためにもオンライン英会話を有効です。

オンライン英会話をする時は、どれぐらいの量を話せたかに注目してください。学習者の中には、文法や語彙の間違いに注意を払ってしまう人がいますが、60点が目標の場合のスピーキングの戦略においては無視をしてください!

ライティングの勉強法

次に、TOEFL60点を狙うためのライティング対策です。

ライティングは2つのタスクが各5点満点で採点され、それが30点満点に換算されます。スコア平均が2.75点の場合に、18点になります。

18点を最も取りやすい戦略としては、どちらも3点(20点)を狙うことです。本番では練習のように思うように書けませんので、18点に落ち着くようになります。

そのために、3点とはどのような答案なのかを理解しておく必要があります。

Integratedライティングで3点をとるためには、教授が列挙するリスニングの3つのポイントのうち、最低でも2つはかけていることが必須です

練習の時からメモをとり、3つのポイントがどれほどまとを得て理解できたかに集中してください。気付いた方もいるかもしれませんが、リーディングやリスニングでの要点理解の練習がここで役立ちます

Independentライティングは、文字量にこだわることで3点を獲得することができます。論理的に破綻していても、設問に回答しようとしており300字以上かけていれば3点はでます。

初級者の方で、どうしても文字量が書けない人などは、まずは10分で100字を書く練習から始めましょう。それができたら20分で200字を、そして最後に30分で300字を目指すと良いです。

また、1文ずつ書きながら「主語、動詞ときたから、目的語…」と文章構造を考えながら書くことも「意識せずに描けるようになる為」には効果的です、是非試してみてください!

まとめ

TOEFL60点はSWを中心に

最後に今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • TOEFL60点 = 英検準1級
  • RLは要点理解にフォーカス
  • SWはアウトプットの量が大切

TOEFLを勉強し始めたばかりの初心者の方は、まずは60点を目指されてはいかがでしょうか

重複しますが、TOEFL60点はスピーキングやライティングにフォーカスをすることで到達しやすいスコアですので、机に向かう暗記学習とは少し変わってきます。

アウトプットを中心にするということで、学習者にとっては楽しく学べるスコア感なのではないでしょうか。

もちろん、今まで通り机に向かってコツコツやっていきたいという方もおられるかと思います。そういった方は、英検を活用するのも一つの手です

自分のレベルに合った級からスタートし、英検の準1級まで上げていくと良いでしょう。英検の準1級に合格をする頃には、TOEFLも6o点ほどに近づきます。

TOEFL60点は初級から中級の橋渡しになるスコアです。どんな方でも、60点は必ず取得できますので諦めないでください!

最後にTOEFL対策でなにかお悩みがあればお気軽にご連絡ください!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?