ハンガリーの大学のランキング・費用・留学方法を紹介

英語で学べるハンガリーの大学

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事では「英語で学べるハンガリーの大学のランキング・費用・留学方法」を紹介します。

「ハンガリー留学を考えている方」や「東欧に興味がある人」の参考になれば幸いです。

ハンガリー留学は、何といっても政府奨学金が充実していることです。年間5,000人が奨学金を受給していますので、金銭的に不利な学生は考慮してみてはいかがでしょうか!

それでは詳しくみていきましょう。

ハンガリーの大学 まとめ

ランキング

以下は、主に英語でコース提供をしているハンガリーの大学のランキング、学費、入学要件、学科のまとめです。

テーブル右の各学科をクリックすると、詳細ウェブページに飛びます。興味がある方や、一次情報を確認したい方はご覧下さい:

世界ランキング. 学校名学費(年) 入学要件学科
No401-450. マクダニエルカレッジ7,200€・IELTS6.5
( TOEFL80)で加点
美術史&スタジオアートビジネス&経済ポリティカルサイエンス心理学コミュニケーション
No651-700. エトヴェシュロラーンド大学
(ELTE)
3,600€ – 8,400€・CEFR B1 or B2程度の英語力
(学科により変)
コンピューターサイエンス機械工学国際関係学心理学社会学ハンガリー語英語とアメリカ研究幼児教育
No651-700. ペーチ大学3,600€ – 10,000€・IELTS5.5
(TOEFL72)
セラミックデザイン建築音楽パフォーマンスオーケストラ電子音楽ビジネスアドミニストレーション&マネジメントコンピューターサイエンス土木工学電子工学助産看護栄養学理学療法ソーシャルワークリベラルアーツロマ研究スラヴ学考古学国際関係学心理学英語とアメリカ研究メディア科学生物化学地球科学数学物理学就学前教育観光
No801-1000. 聖イシュトヴァーン大学4,200€ – 5,000€・IELTS5.5
(TOEFL66)
機械工学フード工学農業工学環境工学野生動物保護マネジメント
No801-1000. ブダペスト工科経済大学6,400€・IELTS5.0-5.5
(TOEFL72-90)
化学工学電子工学(情報)機械工学
No(NA). パノニア大学2,700€・IELTS5.5
(TOEFL60)
ビジネスアドミニストレーション&マネジメント国際ビジネス経済水運用工学観光
No(NA). ハンガリー改革派大学2,000€ – 7,000€・IELTS5.5-6.5
(TOEFL66-82)
心理学英語とアメリカ研究
No(NA). オーブダ大学6,400€・IELTS5.0
(TOEFL65)
産業デザイン工学コンピューターサイエンス工学土地マネジメント工学電子工学環境工学メカトロニクス工学

世界ランキングの上位校では、「マクダニエルカレッジブダペスト」「エトヴェシュ・ロラーンド大学」「ペーチ大学」の3校が学部レベルで英語コースを提供しています。

一般的に、ハンガリーの大学はその他の欧州の大学と同様に3年制または4年制で、学科によって変わります。

ハンガリー留学の特徴としては、「コンピューターサイエンス」の選択肢が多いこと、また、欧州では少ない「心理学、社会学」の選択肢があることです

上記はあくまで「学部」を英語で受講するための情報です。修士や博士課程は、上記の学科はもちろん、その他の著名大学でも英語のみでコースを修了することができます!

費用

ハンガリーの大学の1年間の学費と卒業までにかかる総費用です。

学費(年)2,000 € – 10,000 €
卒業までの概算総費用(3年)27,600 € – 51,600 €

ハンガリーの大学の年間の学費は2021年7月現在のレートで年間26-130万円、生活費込みの卒業までの費用は、およそ360-670万円です

上記テーブルは、3年を仮定して計算した概算費用です。教育、言語、ビジネス系の学科は学費が安めです。留学生に人気のコンピューターサイエンスは年間5,000€ – 7,000€であることが多いです

奨学金

ハンガリーでは、各大学ではなく、ハンガリー政府がファンドとして留学生に向けて「Stipendium Hungaricum scholarship」という奨学金を提供しています。

Stipendium Hungaricum scholarshipは、学部、修士、博士の全ての進学希望者が申請可能です。(通常、他国では学部レベルでは提供されていることは少ない。)

上記のランキングでは、アメリカ系列の「マクダニエルカレッジブダペスト」を除いては、全ての大学にて申請をすることが可能です。

この奨学金を活用すると、授業料は全額免除、かつ月々の生活費までカバーしてくれます。例えば、コンピューターサイエンスで有名なエトヴェシュ・ロラーンド大学ですと、

「授業料が全額免除」「HUF40,000(約15,000円)/月の住居費用」が支給されます。

この奨学金は、年間でおよそ5000人の留学生に支給されるので、高い確率で受給をすることが可能なようです。

通常、奨学金は大学から合格通知が届いた後に申請をすることが普通です。ですが、こちらの奨学金プログラムは先に奨学金申請をした後に、志望校に入学申請をするようになります

奨学金がもらえるかどうかが把握できた上で、実際に進学することを決められるのは受験生にとっては大きなメリットですね!

下記のウェブサイトより奨学金申請をすることが可能です。

留学方法

ハンガリーの大学(学部)には基本的に、

  • 1. 高校の卒業証書
  • 2. 高校の成績
  • 3. IELTS(TOEFL)

の3点の提出で進学が可能です。成績は高ければ高いほど良いですが、低いからといって出願できないわけではないので積極的にチャレンジしてみると良いでしょう。

成績は、高校1-3年全てを提出しないといけない大学と、2-3年の成績のみを提出する学校に分かれます。

英語の資格は、IELTS(TOEFL)の提出が必須です。通常、IELTSですと5.5、TOEFLで対策をされる方は60-90点と大学により幅があります。

IELTS5.5の方が対策をしやすいかと思います。このスコアですと、単純に換算した際にTOEFLの方が難易度が高いです。IELTS5.5はおよそTOEFL60点ほどだからです。

上記3点の書類が揃ったら、志望校のウェブサイトから出願をします。合格通知が届いたら、ビザの申請を済ませて渡航準備に入ります!

まとめ

奨学金を狙いたい人にオススメ

最後に今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • 全額奨学金の機会がある
  • 年間の学費は26-130万円
  • IELTS5.5から留学可能

重複しますが、ハンガリーでは政府が主導して奨学金を確保して世界中から留学生を誘致しています。

日本からハンガリーに留学をされている方は、奨学金を受けてコンピュータサイエンスを専攻されている方が多いと思います。

現在、コンピュータサイエンス学科に留学されている人によると、英語だけでなく、できるだけ「数学」と「プログラミング」の力をつけた上で留学をするとスムーズに留学後の学習が進むようです。

ハンガリー留学を考えている人の第一歩はIELTS5.5の取得です。IELTS5.5は、英検で準1級程度のレベル感ですので独学でも十分到達可能です

費用面で留学に一歩踏み出せない方などは、是非ハンガリーの奨学金申請にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

その他の世界の大学が気になる方は、下記にまとめていますのでご参照下さい。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

SOLOでは、海外進学に必要なIELTSやTOEFLをオンライン上で専門的に教えています。

進学相談に関しても定期的に開催しており、海外へ飛び立つ皆様のお力になれるよう日々精進しています。

もし海外進学に関するお悩みがあればお気軽にご連絡ください。ご相談は無料となっております。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?