【海外進学】ディーキン大学の特徴と進学方法を紹介(Deakin University)

【海外進学】ディーキン大学の特徴と進学方法を紹介(Deakin University)

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事は「ディーキン大学・大学院『Deakin University』の特徴と進学方法」を紹介します。

「オーストラリアで大学進学を考えている方」や「ディーキン大学の入学基準やランキングを知りたい方」などの役に立てば幸いです。

ディーキン大学は「スポーツ」学科が世界ランキング9位、また独自性の高い学科に「サイバーセキュリティ、環境科学、動物学、スポーツ発展、栄養科学、視覚科学」などがあります!

それでは詳しく見ていきましょう。

ディーキン大学 (Deakin University)の特徴

ディーキン大学の基本情報

まずはディーキン大学 (Deakin University)の基本的な情報を見てみましょう:

都市メルボルン
生徒数42,027人
男女比率42:58
留学生比率22%
学費(年)29,400 – 37,400 AUD
卒業までの概算総費用148,200 – 172,200 AUD
奨学金授業料が20%-100%免除
コース期間3年
留学生合格率非公式 (直接入学) / 90%(ファウンデーション)
出願資格(英語)IELTS 6.0・TOEFL 65点
世界ランキング275位
国内ランキング16位

Deakin Universityは「将来の仕事のためにグローバルに接続された教育と、地域社会に変化をもたらす研究を可能にするために、オーストラリアを代表する大学となる」というビジョンの元運営されています。

高校やファウンデーションコースの成績により学部の授業料が20-100%の免除となります。

ディーキン大学は女子比率が58%と非常に高く、また学費も他校と比べると50万円/年ほど安くなっている点が特出しています!

ディーキン大学の学部と特徴

次にディーキン大学が設置している学部とその世界ランキングをみていきましょう:

  • 教養と教育 : 32-179位
  • ビジネスと法 : 151-250位
  • 衛生 : 9-200位
  • サイエンス・エンジニアリング・建築環境 : 201-位

世界大学ランキングは、論文引用・研究・授業・将来の展望・卒業後の収入から算出されています。順位に幅があるのは学部内の各学科ランキングに違いがあるためです。

ディーキン大学には4つの学部があります。教育学部の「初等教育」学科が世界ランキング32位、衛生学部では「スポーツ・看護」学科がそれぞれ世界ランキング9位、28位と高い評価を受けています。

また特色ある学科としてサイエンス学部の「サイバーセキュリティ、環境科学(野生動物保護)、動物学」や衛生学部の「スポーツ発展、栄養科学、視覚科学」などがあります。

ディーキンと言えばスポーツというほど、スポーツ関連の学科が数多くありますね!

ディーキン大学のロケーション

次にディーキン大学が位置するロケーションをみてみましょう:

ディーキン大学はオーストラリア最大都市の1つメルボルンに位置しています。メインキャンパスがバーウッドおよびジーロングの2箇所にあり、どちらもメルボルン中心地から電車でおよそ60分前後です。

メルボルン中心地から離れていおり自然豊かでオーストラリアらしい生活をおくれますね!

ディーキン大学・大学院の進学方法

ディーキン大学への直接進学要件はできない

ディーキン大学は日本人学生は学部に限っては直接進学ができません。ディーキン大学が用意するファウンデーションコースを終了する必要があります。

資格学部修士
IELTSN/A6.0
TOEFLN/A65点
成績 (GPA)N/A2.5以上

※: 一部衛生学部でIELTS6.5 or TOEFL70点、教育学科はIELTS7.0 or TOEFL94点が必要です。

修士はコースが少なく、「教養、教育、検眼、心理学」の4つの学科しかありませんね!

ファウンデーションコースで進学する方法

ファウンデーションコースとは、いわゆる大学進学準備コースです。以下がそのファウンデーションコースの概要です:

学校名Deakin College
学費26,240 – 30,960 AUD
期間8か月・12か月
コース開始月「8か月コース」
・3月
・6月
・10月

「12か月コース」
・3月
・6月
・10月
入学締切コース開始月の3か月前
ウェブサイトhttps://www.deakincollege.edu.au/

ファウンデーションコースを終了することでほとんど確実にディーキン大学に入学することが可能です。

ディーキン大学は自らがディーキンカレッジとしてファウンデーションコースを運営しています。8か月と12か月の2つのコースに分かれており、英語資格のスコアと高校の成績によって通う期間が変わります。

ファウンデーションコースの入学要件

ファウンデーションコースにも入学要件があります。ディーキン大学のファウンデーションコースに入るための入学要件は下記です :

8か月12か月
IELTSIELTS 5.5
(各5.0以上)
IELTS 5.0
(各4.5以上)
評定平均5段階3.0以上5段階3.0以上

ディーキン大学の入学基準であるIELTS5.0は多くの学校がIELTS5.5であることを考慮すると低めの設定です。評定3.0以上というのは他大学の条件とさほど変わりません。

日本にいる間にIELTSのスコアメイクをきちんとしていく事で渡豪後すぐにファウンデーションコースに入れます!

まとめ

ディーキン大学入学は日本にいる時からの準備が重要

最後に今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • ポイント1:世界大学ランキング275位
  • ポイント2:スポーツ学科が世界ランキング9位、看護学科が28位
  • ポイント3 : 「サイバーセキュリティ、環境科学(野生動物保護)、動物学、スポーツ発展、栄養科学、視覚科学」が特出した学科
  • ポイント4:IELTS 5.0よりファウンデーションコースに入学可能

ディーキン大学の特徴と進学方法を紹介(Deakin University)の特徴と進学方法については理解できましたか?

ディーキン大学は直接進学ができないためファウンデーションコースにて準備をして入学するようになります。日本の大部分の高校生にとってIELTS 5.0は短期集中で達成できる水準です。

およそ英検2級に合格できる水準の方であればスピーキングとライティングに特化をした学習でIELTS 5.0は到達できます。

ファウンデーションコース経由の場合は「6月」入学が最短です。高校卒業直近の3月迄に入学要件に必要な書類を提出する必要があります。

最後にIELTSやTOEFLの対策について、海外進学についてご相談があればお気軽にご連絡ください。日本にいながらも自らの力で海外の大学に進学することは可能です!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?