アメリカで医師として働く方法・必要な英語力 ・年収 まとめ

アメリカで医師として働く方法・必要な英語力 ・年収 まとめ

こんにちは!

SOLOのルークです。

医療従事者の方に、OETやTOEFLを教えています。

今回の記事では「アメリカで医師(医者)として働く方法・必要な英語力・医師の年収」を紹介しています。

アメリカで医師をするためにはUSMLEで高得点をとること、コネクションの双方が鍵になります。

年収は日本の医師のおよそ1.5-2倍ほどです。

それでは、詳しくみていきましょう。

日本の医学部から米国で医師を目指す場合

日本で医学部を卒業した人は、まずはアメリカの医師免許を以下の順で取得する必要があります。

以下のプロセスです。

  1. 日本で医学部を卒業
  2. USMLEステップ1
  3. USMLEステップ2CK
  4. 医療英語試験OET
  5. ECFMG Certificate(医師免許)取得

アメリカで医師として働くためには、ECFMG Certificateを取得する必要があります。

ECFMGとは、海外の医学部を卒業した人を米国国内で医師として研修させる機関です。ECFMG certificateは、いわゆる医師免許です。ECFMGが発行しています。

ECFMG certificateを取得するためには、USMLE(米国医師資格試験)と呼ばれる試験に合格する必要があります。

USMLEは「プロメトリック」という機関によって運営されています。プロメトリックは、試験の運営のみを受託している機関です。

受験者は、プロメトリックのテストセンターに赴いてUSMLEを受験します。日本では、東京または大阪のプロメトリックで受験することが可能です。

その後、OETと呼ばれる医療英語試験を受験します。OETは、私が指導している英語試験でもあります。

OETまで合格した方は、ECFMG Certificate(医師免許)を取得できます。

レジデンシーに応募

ECFMG Certificateを取得したあとは、レジデンシーのマッチングに参加します。

  1. National Residency Matching Program (NRMP)に申請
  2. 希望するプログラムに応募
  3. 面接
  4. レジデンシープログラムの参加

レジデンシーは、一般内科・一般外科等、専門領域の基礎となる領域に特化した研修です。

どこの研修機関でレジデンシーを行うかはオンラインでのマッチング形式となります。

NRMPというオンラインプログラムにて、病院と医師の双方の希望からマッチングを行います。

上手くマッチングがいかなかった際は、1年の見送りとなります。

フェローシップ(医員)に応募

人によっては、フェローシップ(医員)から参加する方もいるかもしれません。

こちらは、The Electronic Residency Application Service® (ERAS®)というシステムからアプライします。

フェローシップは、レジデンシートは違いさらに専門性を追求します。日本で言うところの、医員です。

例えば、イェール大学の感染症フェローシップの出願要件は以下のように記載されています。

フェローシップのポジションの殆どが、同国でレジデントを修了している医師を対象としています。

USMLEの成績と、推薦者のコネが非常に大切です。

特に2つ目のコネを軽視する人がいますが、失敗談をまとめている方がいますので参考にして下さい!

米国のメディカルスクールから医師を目指す方法

次に、現在高校生や大学生などでアメリカのメディカルスクール(大学院扱い)を卒業して現地で医師を目指す方法です。

以下のプロセスです :

  1. 高校を卒業
  2. 日米問わず一般の4年制大学を卒業
  3. The Medical College Admission Test(MCAT)受験
  4. 米でメディカルスクールを卒業(4年制)
    主に在籍2年目にUSMLE ステップ1
    主に在籍4年目にUSMLE スッテプ2CK&CS
  5. インターンシップ(1-2年)
  6. USMLEステップ3
  7. 州ごとの医師登録

アメリカのメディカルスクールは、大学院です。

学部は一般の学部で良いですが、多くの人は生物や化学など医学部と関連性の高い学部を先行します。

メディカルスクールの受験資格には、学部時代に生物、化学、物理の単位が必須です。

大学によっては数学、心理学、社会学が必要な場合もあります。

また、MCATと呼ばれる試験をオンライン受験する必要があります。

また見落としがちですが、メディカルスクールに入るために大切になるのが学部時代の成績(GPA)です。大学名よりもGPAが大切です。

メディカルスクール後は、インターンシップ→レジデンシー→フェローシップと進んでいきます。

こちらも、雇用してもらう職場探しは、メディカルスクール時代のコネが大事です!

必要な英語力

次に、アメリカで医師として働くために必要な英語力です。

実際は、英語テストでは測れないほどの英語力が必要です。

とはいえ、定量的に英語力を伸ばしていくことも、実力が伸びていることを可視化する上で重要です。

イメージとしては、以下いずれかの英語のレベル感の上に医療英語が必要です :

  • TOEFL100点+
  • IELTS7.0+
  • OET 350(B Grade)

どれも素晴らしいテストですが、ECFMGでは、最後のOETという医療英語試験にて英語力を測定します。

元々は、STEP 2CSと呼ばれる実戦形式でしたが、COVID19の影響で実践模擬が困難となりました。それからOETが採用されています

OETは、英語が母語ではない医療従事者に向けて「実際に海外で働くことができる英語力があるか」を測定することを目的としたテストです。

元々は、オーストラリアやイギリスで医師や看護師になりたい人が受験する資格でしたが、近年は、より多くの国でOETを使用した採用が進んでいます。詳しくは以下をご参照ください!

OETの合格点

USMLEのClinical Skill合格のためにはLRSセクションで350点(500点満点)、Wセクションで300点を取得する必要があります。下記が350点取得に必要な各セクションの正答数です。

  • リーディング42問中30問
  • リスニング42問中30問
  • ライティング38点中25点
  • スピーキング39点中30点

日本人受験者は、特にリスニングで苦しむ人が多いです。医療英単語を含む普段聴きなれない単語を書き取らされるため、スペルミスをおかしやすいためです。

また、OETはオーストラリアで作られているテストということで、豪州アクセントの比率が高いです。実際に、音声の8割以上が豪州英語で作成されています。

OETは、実際の医療現場を想定して問題が作成されています。したがって、一語一句丁寧に発音してくれるその他のテストと比べて、音声変化が多く起こります。音声のスピードも、IELTSと比べてかなり早く聴こえます。

アメリカの医師の年収

最後に、2023年のアメリカの医師の年収を確認しましょう。

アメリカでは、専門医によって年収が大きく異なることが分かります。

日本の医師の平均年収は1,696万円、開業医は2,800万~4,000万円です。

アメリカでは勤務医でも、少なくとも日本の開業医ぐらいは稼げる事が分かります。また、毎年上昇しています。

最後に

以上が、アメリカで医師として働く方法・英語力・年収のまとめでした。

このブログを読んでいる方の多くが、現在日本で医師をされている方でUSMLEにチャレンジをされているかと思います。

弊社は日本で唯一、OET対策が専門的にできるオンラインスクールです。日本で働きながらもOET対策をする事が可能です。気になる方は、いつでも遠慮なくご連絡ください!

最後まで記事をよんでいただき、ありがとうございました。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?