イギリスで正看護師になる方法と年収を解説

こんにちは!SOLOのルークです。

看護師の方に、IELTSやOETを教えています。

この記事では、「イギリスで正看護師になる方法と年収」を紹介します。

この記事が「イギリスで看護師として働きたい方」や「海外移住を視野に入れて人生設計をしている方」の役に立てれば幸いです。

イギリスで正看護師として働くためには、イギリス看護助産協会(以下NMC)が定める基準を満たし、就職先を見つけることで可能です!

イギリスで看護師になる方法

早速結論ですが、既に日本で看護師をしている方が、イギリスで看護師になる方法は以下のステップです:

  • 英語資格を取得
  • NMCに書類提出
  • CBT受験(知識アセスメント)
  • 就職活動、ビザ申請、渡英
  • OSCE受験(技術アセスメント)

簡潔に述べると、3つの試験(英語、CBT、OSCE)に合格し、NMCに証明するという流れです。

それでは、詳しくみていきましょう。

Step1. 英語資格を習得

イギリスで看護師として働く場合、最初の準備として必要になるのが「英語力の証明」です

具体的には、以下のいずれかのテストで、基準スコアを満たす必要があります:

  • 2023年1月13日現在
  • 選択1:
  • IELTS(L7.0, R7.0, W6.5, S7.0)
  • 選択2:
  • OET(L350, R350, W300, S350)

OETとは、医療現場で使用される英語に特化したテストです。看護士の方ですと、背景知識で情報を補完できるというメリットがありますし、現地で働き始めた際にOETのテスト対策がそのまま役立ちます。

IELTSは、アカデミック領域に特化していますが、出題されるトピックは多岐にわたっています。IELTSで対策をすると、日常生活で役立つというメリットがあります。

イギリスは、1回の受験で、上記の基準を満たす必要はありません。

2回の受験結果の合計が、上記基準を満たしていれば登録可能です。その際、2023年1月現在は、IELTSでは各セクション6.5以上、OETでは各セクション300以上が必要です。

しかし、2023年初頭にそのミニマム条件が緩和されるというニュースがありました。ライティングの最低基準がIELTS6.0、OET250になるというものです。

IELTS vs OET

では、IELTSとOETはどちらが良いのでしょうか?

結論だけを述べると、個人的にはOETがオススメです。

「合格する」という観点においては、どちらも難易度は変わりません。

難易度は変わらないから、どれを選択しても良いわけですね。

OETは「現地の医療現場で働くにあたり、十分な英語力を保持しているか」を測定することを目的に作られています。

ですので、OETで対策をしておくと、渡英してからも大きく役立ちます

また、OET合格後に待ち受けている、CBTやOSCEでも力を発揮してくれます。OETを通して医療英語をたくさん覚えることができるからです。

一方で、OETのデメリットは、教材と教えられる先生がほとんどいないことです。また、OETは専門性が高いテストですので、英語の基礎力がない人にとっては対策が難しいテストです。

対策に自信がない人は、先に英検やIELTSを活用して、英語の基礎固めをするのをオススメします。具体的なスコアとしては、英検準一級に余裕を持って合格できる力、またはIELTS6.0を目指すと良いかと思います。

そこから集中してOETに取り組むと、3ヶ月以内に合格が可能です。

「OETができないと現地で通用しない. . .」こう考えると、看護師の方にとっては英語学習の大きなモチベーションになるのではないでしょうか!

※ IELTSの学習を始めたての人で、途中でテストを変えるのは嫌だという人は、そのままIELTSで対策をしても構いません。あくまで長期的に役立つという観点から、OETを推薦している次第です。

Step2. NMCに書類提出

IELTSかOETが習得できたら、NMCに書類提出をします。

以下が提出する書類の一覧です。

  1. 身分証明書
  2. 卒業証明書
  3. 看護師免許
  4. 健康診断書
  5. 人柄に関する質問に回答
  6. 英語資格

Step3. CBT受験

次にCBTの受験です。CBTは”Computer Based Test”の略です。

CBTは、イギリスで看護師をするために、十分な看護知識があるかを測定するための試験です。基本的に、看護師として既に持っている知識が殆どです。

看護実践の知識についてのコンピューターテストで、多肢選択式(4択)です。約3時間で115問(うち15問は算数)が出題されます。日本でも受験することができます。

CBTの対策ですが、NMCが正式に推薦している参考書は目を通しておきましょう。各章末の問題の数問程度は、実際に本番でも出題されています。

また、私企業”British Medical Journal”による、予想問題集も販売されています。不安な人は、チャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

特に、薬剤に関しては、日本では親しみのないものも結構あるので、上記の参考書できちんと学習しておきましょう。

Step4. 就職活動、ビザ申請

次に、イギリスでの職探しとビザの申請です。

Step5のOSCE受験を終え、先に看護師登録が済ませるこももちろん可能ですが、OSCEに落ちる可能性もあります。

そこでオススメが、CBTに合格して、書類審査を待っている間に、OSCEナースの仕事に応募するというものです。日本にいながら、先に就労ビザを取れるのは大きなメリットです。

フルタイムで働きながら、OSCE対策は大変です。ですが、英国に滞在し、働きながらOSCE対策をすることで、万が一、受験に落ちた時に日本に帰国する必要がありません

注意点としては、どの団体、病院でも就労ビザに申請できるわけではないことです。就労ビザに申請できるスポンサーシップ・ライセンスを持っている病院や企業からオファーをもらう必要があります。

仕事のオファーをもらい、勤務先に就労ビザに必要な、Certificate of Sponsorship(CoS)を発行してもらい、就労ビザの申請をします。

職探しには、1ヶ月から半年程度を見込んでおきましょう。人によって職探しにかかる時間が大きく変わるのは、運とタイミングの要素もあるためです。

多くの日本人看護師は、日本にいながら職探しをしています。面接は、SkypeやZOOMを活用して行います。

具体的な仕事の探し方やビザの申請は、下記のイギリスで看護師をされている方のブログが役立ちます。

Step5. OSCE受験

いよいよ最終試験のOSCEです。

OSCEは、”Objective Structured Clinical Examination”の略で、「オスキー」と読みます。実際に、英語で臨床ができるかを測定する試験です。

OSCEは、渡英して受験する必要があります。3回まで受験をすることが可能です。現在、5つの大学で受験をすることができ、受験料は£794です。

試験内容は、入院〜退院4ステーション、技術4ステーション、価値観・ふるまい・根拠に基づいて業務を行えるか2ステーションの合計10ステーションをこなします。

合格のポイントは、指定時間内に求められていることに全て回答することです。(これは、OETスピーキングと重なりますね!)

制限時間内に全て話せるスピードがどれほどなのかを、練習で意識的に確認をしましょう。

対策としては、YouTubeの活用をオススメします。特に、OSCE対策のスペシャリスト、Gilbert Martisさんのチャンネルを中心に、受験者が様々な有効な情報を共有しています。

OSCEに合格したら、NMC登録費用を払います。その後、登録完了メールと、35日以内にPIN(登録番号)を受け取ります。PINがないとナースとして働けないので、注意をしてください。

看護師の年収

最後に、年収を確認しましょう。

イギリスの正看護師の2023年平均年収は£30,000-£35,000です。2023年1月のレートでは、日本円でおよそ468-546万円です

月給にすると、日本円でおよそ39万-46万円です。

ただし、経験と勤務地によって大きく変わるので注意をしてください。

以下の参照元から、詳しく確認することが可能です。

最後に

今回の記事のポイントを以下にまとめておきます:

  • 最初の準備は英語資格
  • OETでの対策がオススメ
  • 年収はおよそ468-546万円

以上が、イギリスで看護師として働く方法と年収まとめでした。

この記事を読んでいる皆様のほとんどが看護師という専門性の高い職についている方達です。看護師の方は「英語さえできれば」海外でも働ける確率が飛躍的に上がります。

一方で、その英語の基準が高く多くの人が挫折しているのも事実です。 実際に語学学校に長期的に通っても、英語の基準が満たせずに諦めている人たちを私は目の当たりにしてきました。

日本で働きながら、英語基準を満たす事ができると費用を貯めることができます。何より、看護師登録までの確率を大きく上げる事ができます。

弊社は日本で唯一、IELTSや医療英語OETの対策を専門的にできるオンラインスクールです。毎月、海外で看護師をされる方の英語サポートを全面的に提供しています。英語対策で困っている事がありましたら、遠慮なくご相談ください!

記事を最後までよんでいただき、ありがとうございました。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?