【海外進学】モナシュ大学の特徴と進学方法を紹介(Monash University)

【海外進学】モナシュ大学の特徴と進学方法を紹介(Monash University)

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

今回の記事は「モナシュ大学・大学院『Monash University』の特徴と進学方法」を紹介します。

「オーストラリアで大学進学を考えている方」や「モナシュ大学の入学基準やランキングを知りたい方」などの役に立てば幸いです。

モナシュ大学は薬学部が世界ランキング3位、また教養学部に「犯罪学、ジャーナリズムなどのメディアコミュニケーション、国際研究、言語学」などの特色ある学科が用意されています!

それでは詳しく見ていきましょう。

モナシュ大学(Monash University)の特徴

モナシュ大学の基本情報

まずはモナシュ大学 (Monash University)の基本的な情報を見てみましょう:

都市メルボルン近郊クレイトン
生徒数56,144人
男女比率43:57
留学生比率39%
学費(年)32,860 – 46,000 AUD
卒業までの概算総費用158,580 – 198,000 AUD
コース期間3年
留学生合格率40% (直接入学) / 90%(ファウンデーション)
出願資格(英語)IELTS 6.5・TOEFL 79点
世界ランキング55位
国内ランキング6位

Monash Universityは「 教育・学習・研究・幅広い専門家やコミュニティ活動において最高の質を追求する」というビジョンの元運営されています。

モナシュ大学は「スタッフの質」と「1年次から2年次への進学率」においてThe Good Universities Guideにより表彰されています!

モナシュ大学の学部と特徴

次にモナシュ大学が設置している学部とその世界ランキングをみていきましょう:

  • 芸術・デザイン・建築 : 51-100位
  • 教養 : 48位
  • ビジネス・経済 : 39-44位
  • 教育 :12位
  • エンジニアリング : 7-29位
  • IT : 54位
  • 法 : 35位
  • 医学 : 31位
  • 薬学・薬学サイエンス : 2位
  • サイエンス : 51-100位

世界大学ランキングは、論文引用・研究・授業・将来の展望・卒業後の収入から算出されています。順位に幅があるのは学部内の各学科ランキングに違いがあるためです。

モナシュ大学は薬学と教育の2分野に強い大学です。また教養学部に「犯罪学、ジャーナリズムなどのメディアコミュニケーション、国際研究、言語学」などの特色ある学科が含まれています!

薬学は世界ランキング3位とグローバルに研究を牽引しています。教育は幼児から高校教育まで専攻可能ですが、特に体育科に強いです!

モナシュ大学のロケーション

次にモナシュ大学が位置するロケーションをみてみましょう:

大学があるクレイトンはオーストラリア第2の都市メルボルンから電車で1時間、車で30分ほどの場所に位置しています。人口2万人ほどで静かで公園が多い小さな街です。

大学からの最寄り空港のメルボルンまでは東京から直行便で10時間半、乗り継ぎで15時間ほどかかります!

モナシュ大学・大学院の進学方法

モナシュ大学への直接進学要件

モナシュ大学大学に進学する場合は、以下が進学要件となります:

資格学部修士
IELTS6.5 6.5
TOEFL79点79点
成績 (GPA)3.2以上3.2以上
規程テストSAT1120-
ACT25- etc
必要なし

※: 医学、法学部はIELTS7.0 or TOEFL94点が必要です。教育学科は有名にも関わらずIELTS6.5で進学可能で穴場です!

モナシュ大学に進学する基本的な要件は「英語資格(IELTS又はTOEFL)」「成績」「規程テスト」の3点を提出する事です。

規程テストとは日本でいうセンター試験です。規程テストにセンター試験は含まれていませんのでSATやACTを英語で受験する必要があります。

モナシュ大学が用意しているファウンデーションコースを経由する事で規程テストを免除とすることが可能です!

ファウンデーションコース経由で進学する方法

ファウンデーションコースとは、いわゆる大学進学準備コースです。以下がそのファウンデーションコースの概要です:

学校名Monash College
学費29,000 – 41,500 AUD
期間9か月・12か月・18か月
コース開始月「9か月コース」
・3月
・8月

「12か月コース」
・1月
・7月

「18か月コース」
・3月
・8月
入学締切コース開始月の3か月前
ウェブサイトhttps://www.monashcollege.edu.au/

直接入学の要件を満たせない人がファウンデーションコースを経由することでほとんど確実にモナシュ大学に入学することが可能です。

モナシュ大学はMonash Collegeという大学自らがファウンデーションコースを運営しています。ファウンデーションコースは3つに分かれており、高校の成績と英語のレベルによって通う期間が変わります。

ファウンデーションコースが3コースもあり、高校の成績が60%、つまり5段階で評定3でも入学する事が可能です。最短で進学したい場合は、高校3年卒業後の4月までに書類を提出することで12か月コースの7月入学をする事が可能です!

ファウンデーションコースの入学要件

ファウンデーションコースにも入学要件があります。モナシュ大学のファウンデーションコースに入るための入学要件は下記です :

9か月12か月18か月
IELTSIELTS 6.0
(各5.5)
IELTS 5.5
(W5.5 / 各5.0)
IELTS 5.0
(各5.0)
GPA評定平均75%評定平均70%評定平均60%

高校の評定平均が3.5以上ある人でIELTSが5.5以上ある人は1年未満のファウンデーションコースになります。一方で成績が悪かったり英語が苦手でも1年半通う事でモナシュ大に進学が可能です。

英語と高校の成績の必要条件を満たし、入学月の3か月前迄にはMonash Collegeのウェブサイトから入学申し込みをすることが可能です。

ファウンデーションコースの入学許可が降りたら、オーストラリア移民局のサイトから学生ビザの申請をする事で入国と進学が可能になります!

まとめ

海外大進学は高校の成績とIELTS

最後に今回の記事のポイントをまとめておきます:

  • ポイント1:世界大学ランキング55位
  • ポイント2:薬学部と教育学部が世界から高い評価
  • ポイント3 : 教養学部に「犯罪学、ジャーナリズムなどのメディアコミュニケーション、国際研究、言語学」などの特色ある学科あり
  • ポイント4:IELTS 5.0よりファウンデーションコースに入学可能

モナシュ大学・大学院『Monash University』の特徴と進学方法については理解できましたか?

入学要件である「IELTS 6.5」「TOEFL 79点」は日本にいても対策可能ですが、日本のセンター試験にあたる規程テストを英語でクリアすることが大変です。

高校で評定平均を3以上キープし、IELTSの対策をきちんとすることでモナシュ大学のファンデーションコースを経由して入学をする事が可能です。

ファウンデーションコース経由の場合、多くの人が目指す12か月コースですと「7月」入学が最短です。高校卒業したすぐ後4月迄に入学要件に必要な書類を提出する必要があります。

IELTS5.0は英検2級レベル、5.5-6.0は英検準1級レベルです。日本にいながらも十分に対策が可能ですので継続して学習する事を大切にしてください。

最後にIELTSやTOEFLの対策について、海外進学についてご相談があればお気軽にご連絡ください。日本にいながらも自らの力で海外の大学に進学することは可能です!

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?