UCLA MBA Andersonの特徴と日本人にとっての難易度を徹底検証

UCLA MBA Andersonの特徴と日本人にとっての難易度を徹底検証

こんにちは、SOLO IELTS TOEFLルークです。

この記事ではUCLA MBA (Anderson)の特徴と日本人にとっての難易度を徹底検証します。

UCLAの特徴は、個が考え抜くという前提のもと難題をチームで解決し成功を共有することを大切にしている点です。

他のMBA校は個の成長やキャリアにフォーカスしている事が多いですがUCLAはその先の組織、社会での大きな課題解決に焦点をあてています。

日本人志願者にとっての難易度は英語のハードルが低い分出願はしやすいでしょう。

それではUCLA MBAの特徴をデータを元に見てみましょう

UCLA MBA (Anderson)

UCLA MBA (Anderson)のビジョンは、協力、メンターシップ、寛容の3つをもってして集合的勝利を収めることとあります。

一人では成し得ない難題な課題はチームで解決する必要があることを裏付けています。

まずはUCLA MBAの基本情報を確認してみましょう。

都市Los Angeles, CA
生徒数362人
学費(21か月)$135,346
総費用(21か月)$185,346
コース期間21か月
受験者数3,424
合格率24%
GMAT平均値710
英語の必要資格TOEFL87 or IELTS7.0
平均勤務年数5.0年
平均年齢28歳
ウェブサイトhttps://www.anderson.ucla.edu/degrees/full-time-mba

学費、総費用共にアメリカのMBA校の中では平均的です。TOEFLが87点と低めな足切りに対してIELTSは7.0と厳しめになっています。

UCLA MBAの場所

UCLA MBA (Anderson)の場所を確認しておきましょう。UCLA MBAはロサンゼルス市に位置しており、キャンパスのロケーションはダウンタウンから車で30分程度です。

UCLA MBA (Anderson)の特徴

次にUCLA MBA (Anderson)の世界ランキングと給与を順にみていきましょう。Financial Times(FT)のデータを参照しました。

まずはUCLAのフルタイムMBAの世界ランキングの推移です。

世界ランキング

202025位
201926位
201825位
平均25位

UCLA MBAの世界ランキングは概ね25位前後です。FTのランキングは20項目から評価されますが、特に給与の伸び率を重要視しております。

給与

次にそのUCLA MBAの入学前、卒業後の給与平均を比べてみましょう。

入学前$73,000
卒業3か月後$121,843
卒業3年後$166,592
投資回収4.0年

給与は卒業直後で1.66倍に、3年後には入学前の2.28倍となっています。特に卒業3年後の給与の伸び率が著しくなっています。

その他の情報

UCLA MBAのその他のデータとして気になる点を確認しましょう。

留学生比率37%
女性比率33%
卒業3か月以内就職率87%
卒業生のよる推薦ランク22位
キャリアサポート4位

留学生比率、女性比率共にアメリカのMBAスクールの中では平均的であります。

キャリアサポートが4位と充実しているにもかかわらず卒業3ヶ月以内の就職率が87%と他校より低めになっている点が気になります。

他のMBAスクールとの違い

それではUCLA MBA (Anderson)が、海外の他のビジネススクールとどう違うのかをウェブサイトやデータからまとめてみましょう。

  • 目的意識を持った問題解決能力
  • 成功の共有、考え抜く、変化を起こす
  • 40,000人以上の卒業生のネットワーク
  • ゲームチェンジャーを排出する
  • リーダーシップの育成
  • 多様性の中でのプロジェクト

個にフォーカスしたMBA校が多い中、UCLAでは難題に対してチームで立ち向かう姿勢を示しています。

日本人にとっての難易度

UCLA MBA (Anderson)の日本人にとっての難易度を考えてみましょう。 TOEFLの基準点が低いので出願の難易度は低いでしょう。

一方でスコアメイクがきちんと出来ても合格率が20%とエッセイとインタビューの重要性が伺います。

英語のスコアメイクに最も時間がかかるのがMBA受験ですが、UCLAではTOEFL87 or IELTS7.0とアメリカMBAの中ではかなり低めの水準となっています。

TOEFLとIELTS、GMATのスコアをなるべく早く取得して、エッセイやインタビューでの独自性の追求をすることが合格につながるでしょう。

TOEFL87 vs IELTS7.0

UCLA MBA (Anderson)応募に必須のTOEFL87もしくはIELTS7.0はどちらで対策すべきかという相談をよく受けます。

UCLAに関してはTOEFLで挑むべきです。IELTS7.0はTOEFL95程度っと同等の難易度ですので、間違いなくTOEFLの方がスコアメイクしやすいです。

MBA生向けにTOEFLとIELTSを比較した記事は以下を参照にしてください。

メッセージ

UCLA MBA Andersonの特徴と日本人にとっての難易度は把握できましたでしょうか。

UCLAのTOEFL87 or IELTS7.0というスコアは海外トップMBAスクールの中では低めの基準となっています。一方で現在TOEFLやIELTS対策をしている人にとっては難しい事に変わりはありません。

どれだけ難しく見えるTOEFLやIELTSであっても英語であること、言語であることに変わりはありません。何度挫折しても立ち上がり、分からない事を1つずつ打ち消していく事で必ず到達できます。

弊社はIELTSとTOEFLに特化しています。スコアメイクで苦労している、もしくは時間短縮したいという人は遠慮なく私に相談してくださいね。

きっとお力になれます

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?