オーストラリアで医師(医者)として働く方法と年収 まとめ

オーストラリアで医師として働く方法と年収まとめ

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです。

今回の記事では「オーストラリアで医師(医者)として働く方法と医師の年収」を紹介しています。

「既に日本で医師として働いて、オーストラリアで働きたいと希望している方」や「海外移住を視野に入れて人生設計をしている方」の役に立てれば幸いです。

オーストラリアの医師の年収は日本のそれとあまり変わりませんが、労働時間は少ないことが特徴です!

それでは詳しくみていきましょう。

オーストラリアで医師(医者)として働く方法

オーストラリアで働くために必要な英語力

オーストラリアで医師として働く場合「24か月以内で働く場合」「移住を含めて3年以上の働く場合」によって必要なプロセスが違います。しかし、どちらにせよ必要になるのが「英語力の証明」です。

具体的には以下のいずれかのテストで基準のスコアを満たす必要があります:

  • IELTS:バンドスコア「7.0」以上
  • OET:350点以上(旧形式でB Grade以上)

OETとは「Occupational English Test」の略で、日本では医療英会話と訳されます。医療現場で使用される特化したテストなので、背景知識で情報を補完できるというメリットがあります。

IELTSは海外進学で使用されるケースが多く、OETよりも日常英会話やアカデミックな領域に特化した試験内容です。

MBAの出願基準がIELTSバンドスコア「7.0」だと考えると、かなり英語力のハードルが高いことが分かります。最短でも半年から1年は対策をする心意気で学習計画を立てると良いでしょう!

短期で医師として働く方法

オーストラリアで24か月以内の短期で医師として働く人は、Australian Health Practitioner Regulation Agency (AHPRA)が定めるSpecialist Pathway Short-Term Trainingに申しこみます。

以下のプロセスを踏む必要があります:

  • IELTS7.0 or OET350以上取得
  • 日本で専門分野の専門医を取得済み
  • 雇用を約束してくれている雇用主がいる

Limitedという名の通り決まった病院でしか臨床をすることは許されていません。また働ける期間も限られていて、医師登録期間は通常24か月となっています。

雇用主の見つけ方

オーストラリアで短期で医師として働くためには、雇用を約束してくれる雇用主がいることが条件だと上に書きました。これが実はとてもハードルが高いです。

最も一般的な方法は、研究留学でオーストラリアに来て、研究活動を突破口にして、臨床活動への道を構築するパターンです。

つまり留学中にコネを作って推薦状を持ってして働く場所を紹介してもらうというのです。

研究も臨床も両方やっているような力のあるボスがいる大学を探すと良いですね

長期で医師として働く方法

ここからはオーストラリアに医師として永住権を獲得しようとしている人や、3年以上の長期期間働きたいと考えている人向けです。

オーストラリアで長期的に臨床活動を行いキャリアアップをするためには、AHPRAが管轄するGeneral Registrationと呼ばれる手続きが必要です。

以下のプロセスを踏む必要があります:

  • IELTS7.0 or OET350以上取得
  • AMC パート1 (MCQという筆記試験)
  • AMC パート2 (臨床試験)
  • 1年間の研修 (上記試験と同時並行)
  • General Registration登録

医学の筆記試験と臨床試験の2つに合格し、内科と外科と救急の3つの必須科目のローテーションを含めた1年間の研修トレーニングを行わなければなりません。

気づいた人もいるかと思いますが、臨床試験を受けるという事はすでにオーストラリアで臨床の世界に入っていることを意味します。

つまり長期で永住権を目指して働くにしても、短期のSpecialist Pathway Short-Term Trainingから入っていくことが現実的だということです。

短期でLimitedの医師として働きながらも、AMCに課される試験をクリアしていくのが良いでしょう

AMC パート1 (MCQ)

AMCが課すMCQという筆記試験はPearson VUEによって運営されておりオンラインでの受験となり日本でも受験が可能です。

五者択一の選択問題からなる試験で問題数は150問です。内科、外科、小児科、産婦人科、精神科、公衆衛生の6科目からの問題が出題され、試験時間は3.5時間です。

実際に問題を解いてみたい人は、こちらのリンクから最新版の購入が可能です。

AMC パート2 (臨床試験)

AMC パート2 の臨床試験は医師と患者のシュミレーション形式において医師の役割を果たす受験者の臨床能力を評価する試験です。

内科、外科、小児科、産婦人科、精神科の5科目の全16のステーションのうち12ステーションをパスすれば合格となります。

問題を読む時間が2分、実際の診察は8分で、時間内に問診、診察、診断、説明のすべてをこなします。

ほとんどの人がオーストラリアの病院で働きながらAMCのパート2を受験しています。

OETの勉強が少しは役立つところですが、より具体的でリアリティのある試験で難解です。医学知識と問診能力は当然ながら流暢な英語力と適切な言葉選びが要求されます。

近年合格率も下がってきており、妥協は一切ない試験となっています

WBAという臨床試験の選択

渡航前のIELTSやOETと並んで、上記のAMCによる臨床試験がオーストラリアで医師として永住権を獲得するための最難関となります。

この臨床試験を受けなくても良い選択肢としてWorkplace based assessment (WBA)という制度があります。

WBAは約半年の臨床研修コースのことで、指定病院にて24のアセスメントを消化すればGeneral Registrationができます。

問題としては指定病院での空きスポットを見つけることです。WBAのウェブにも以下のように表記されています。

つまり、受け入れ先の病院を自分で見つけられるか、紹介してもらえるかがカギになります。指定病院はこのリンクから確認ください。

1年間の医師研修

オーストラリアで長期的に医師をするためには、1年間の医師研修が必要です。

上記で紹介したAMCによる試験の準備をしながらも、内科、外科、 救急の3つの核となる科目を含めた47週間の病院ローテーション研修を行う必要があります。

内科と外科の研修が最低10週、救急の研修が最低8週間必要です。残りの期間は自身の選択科目の研修となります。

病院にポジションがある限り、 1年間の病院研修は簡単にクリアできるでしょう

オーストラリアで医師になった場合の年収

最後にオーストラリアの医師の年収をまとめておきましょう。

  • Resident: AU$60,000 – $80,000
  • Registrar: AU$65,000 – $100,000
  • Consultant: AU$120,000 – $250,000

オーストラリアの医師は上記3層に分かれています。直訳の言葉はありませんが、イメージとしてはResidentが研修医、Registrarは中堅医師、Consultantは現場に指示を出す部長といったところです。

年収は地域、病院、シフトによって変わりますが概ね上記の範囲です

まとめ

以上がオーストラリアで医師として働く方法と年収まとめでした。

短期で働くにしても長期で働くにしても英語の基準値を満たすことが最初のハードルになります。

IELTSやOETに詳しくない方は、およそ英検1級に合格するレベル感を想像してください。

IELTSかOETのどちらで対策をしよか迷っている人は下記の記事を参照にしてみてください。

最終的にはオーストラリアで臨床試験を受ける必要があるので個人的にはOETの対策をする方が役立つかと思います

弊社は日本で唯一、IELTSとOETの対策が専門的にできるオンラインスクールです。

わざわざ海外の語学学校に英語学習をしに行かなくても、日本で働きながら必要な英語力を手にする事は可能です。

現状英語力が低い人から、既に一般英語力が高い人まで自信を持って海外でも働けるレベルまで押し上げる事が可能です。

将来海外で医師として働きたい、もしくはIELTS、OET対策を通して医療英語のスキルをつけておきたいという人は遠慮なくご相談ください。

きっとお力になれます。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?