INSEAD(インシアード)MBAの特徴と進学方法を紹介

INSEAD(インシアード)MBAの学費から日本人にとって価値を徹底解説

こんにちは、SOLOのルークです!

MBA進学希望者の方に、TOEFLやIELTSを教えています。

今回の記事は、「INSEAD(インシアード)のMBAの特徴と進学方法」を紹介します

INSEADの最大の特徴は「短期で大きなキャリアアップ」を実現すること点です。スコアメイクができれば、トップ校の中では合格率が高めになっています!

それでは、詳しく見ていきましょう。

INSEAD(インシアード)MBAの特徴

まずは、基本情報から確認しましょう。

都市フランス、シンガポール
生徒数約1,000人
コース期間10か月
合格率31%
GMAT平均703
GPA平均3.5
必要資格(英語)「TOEFL105」 or 「IELTS7.5」
平均勤務年数6年
年齢23-36(平均29歳)
ウェブサイトhttps://www.insead.edu/

INSEADは「組織に変革をもたらし、卒業後世界のどこでも働ける人材を排出する」というビジョンを掲げ運営されています。

上記「合格率、GMAT、GPAのデータ」は、2016年の分析になります。年月が経っているため、数値が変動してる可能性があります。あくまで参照程度にしてください。

英語の入学基準が「TOEFL105点」または「IELTS7.5」が必要ですので、欧州MBAの中では、出願のためのスコアメイクのハードルは非常に高いと言えます。

合格率は31%です。英語やGMATのスコアを取得できると、入学のハードルがぐっと下がるのもインシアードの特徴です。

学費

INSEADの2022-23年度の学費です。

学費(年)€91,225
卒業までの概算総費用€112,225

INSEADの学費は、2022年7月現在のレートで1,270万円です。生活費込みの卒業までの費用はおよそ1,570万円です。

INSEADの学費は、受講期間が10カ月であることを考慮すると、トップMBAの中でも高額な部類に入ります。また、学費は年間2-5%の割合で高くなり続けています

ランキング

世界ランキングの推移です。

YearQSFTEconomist
20227位3位N/A
20216位1位N/A
20203位4位N/A

INSEADの2022年度の世界ランキングは、大学格付け機関QS 7位、FT 3位となっています。Economistでのランキング表示は、学校側が拒否をしているようです。

QSでもFTでも上位にランクインをしています。順位変動は、その評価基準の違いによるものです。

QSのランキングは、「雇用機会(40%)、起業家精神と卒業生の成果(15%)、投資収益率(20%)、リーダーシップ(15%)、クラスと教員の多様性(10%)」の内訳にて評価されています。

FTは、「加重平均給与、昇給率、女性教員・学生の割合、キャリアアップ」など多岐にわたって評価されていますが、その比重は公開されていません。「企業の社会的責任・卒業生の推薦」が評価に含まれていることが、他社との違いです。

その他の情報

その他のデータを確認してみましょう。

留学生比率94%
女性比率38%
卒業3か月以内就職率92%
卒業生のよる推薦ランク4位
キャリアサポート47位
卒業後の平均給与$113,800

女性比率は高いとは言えませんが、毎年数値が1-2%ずつ改善されています。留学生のほとんどが、フランスとシンガポール以外の世界中から来ており、非常に多様性あるスクールです。

22年度は、卒業生による推薦ランクが全MBAの中で4位と、プログラムの満足度の高さがうかがえます。

INSEADを卒業後の平均年収は$113,800(およそ1,550万円)です。就職先は、人数が多い順に、「マッキンゼー、ベイン・アンド・カンパニー、ボストンコンサルティング、アマゾン、アクセンチュア」となっています。

INSEADの進学方法

INSEADの出願要件です。

  • IELTS7.5 or TOEFL105点
  • GMAT (GRE)
  • 学士の成績
  • 推薦状
  • レジュメ(職歴)
  • 願書
  • インタビュー

上記の出願要件は、トップMBA校では、おおよそどこも同じです。

出願のための第一歩は、TOEFLやIELTSの英語資格の準備です。IELTS7.5またはTOEFL105点のいずれかが必要ですが、この値は欧州トップMBAスクールの中では、オックスブリッジをのぞいて最高難度です。

英語の資格が満たせたら、基礎学力テストです。通常のMBAスクールは、GMATであることが多いですが、人によってはGREの方が相性が良いこともあります。取り掛かる前に、きちんと吟味をしましょう

その上で、必要書類を準備し、最後にインタビューという流れとなります。どうしても、スコアメイクに時間をかけてしまいがちですが、合否を左右するという観点ではレジュメ、願書、インタビューは同等に大事であることを覚えておきましょう。

IELTS7.5 vs TOEFL105

英語の資格は、IELTSとTOEFLのどちらで対策をすれば良いのでしょうか。

難易度の観点では、IELTS7.5とTOEFL105点はほとんど同じです。ですので、双方のテストを回答してみて、自分との相性を見極めることが理想です。

一般的には、リスニングに自信があったり、発音に自信がない方は、TOEFLとの相性が良い可能性が高いです。

逆に、特に得意なセクションがない方や、対面でのコミュニケーションを好む人は、IELTSの方が良いでしょう。

どちらのテストを選んだとしても、伸び悩みの時期があります。その際に、「私にとってはこちらのテストが粘れる」といった方を選ぶと良いでしょう。

仮に長期間スコアに伸び悩んだ際には、学習中のテストに固執をするのではなく、思い切ってテストを変えてみるのも一つの手です!

最後に

今回の記事のポイントです:

  • FT 世界大学ランキング3位
  • 学費は1,270万円
  • IELTS7.5 or TOEFL105が出願要件

Insead MBAの特徴はある程度把握できましたでしょうか。

興味がある方は、下記の動画でキャンパスツアーをしてみましょう。

自分が実際にキャンパスにいることをイメージすると、より海外留学をする実感をえられるのではないでしょうか。

INSEADはとにかく「短期で、多様性の中で、最新のビジネスを学びたい人」にオススメだといえそうです。

MBA進学といえど、キャリアが中断されることは事実です。「大きく環境を変えて世界で勝負したいけれども、その期間をできるだけ短くしたい。」と思うのは自然かと思います。

その他の海外MBA校や情報は下記のサイトにまとめておりますので、必要な場合はご参照下さい。

最後に、弊社は海外MBAを志す方に、TOEFLとIELTSをオンラインで専門的に教えています。英語対策でお悩みなどありましたら、遠慮なくご連絡下さい!

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?