【MBA】INSEAD(インシアード)の特徴と日本人の入学基準

INSEAD(インシアード)MBAの学費から日本人にとって価値を徹底解説

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです。

今回の記事は「ビジネススクール『INSEAD(インシアード)』のMBAプログラムの特徴」をできるだけ具体的に紹介します。

「これからMBA取得を考えている方」や「INSEADの入学基準やランキングを知りたい方」などの役に立てば幸いです。

INSEADの最大の特徴は「短期で大きなキャリアアップ」を実現することができることです。入学難易度は平均的でIELTSGMATのスコアメイクが鍵を握ります!

それでは詳しく見ていきましょう。

MBA「INSEAD(インシアード)」の特徴

「INSEAD(インシアード)」 の概要

まずは「INSEAD(インシアード)」の概要を理解しましょう。以下が基本的な情報です:

都市フランス、シンガポール
生徒数1,032人
学費(年間)€89,000
総費用(年間)€116,700
コース期間10か月
合格率30-40% (非公式)
GMAT平均値709
必要資格(英語)「TOEFL105」 or 「IELTS7.0」
平均勤務年数6年
平均年齢29歳
ウェブサイトhttps://www.insead.edu/

INSEADのMBAコースは「組織に変革をもたらし、卒業後世界のどこでも働ける人材を排出する」というビジョンの元運営されています。

英語の入学基準は「TOEFL105点」または「IELTSバンドスコア7.0」そして「GMAT709」で高い水準の英語力が求められていることが分かります。一方でスコアの課題を突破すると、合格率は「30~40%」と入学までのハードルがドット下がります。

INSEAD(インシアード)のランキング

次に、INSEADの世界ランキング、給与と将来のキャリアを順にみていきましょう。Financial Timesのデータを参照にしています。

まずはINSEADフルタイムMBAの世界ランキングの推移です。

世界ランキング

20204位
20193位
20182位
平均3位

INSEADは2018年より1つずつ順位を落としていますが、それでも世界MBAのトップ5に入っています。

給与

次にINSEADの入学前、卒業後の給与平均を比べています。

入学前$79,000
卒業3か月後$110,400
卒業3年後$181,277
投資回収2.6

給与は卒業3年後には入学前の2.2倍、投資の回収も2.6年で可能とハーバードビジネススクール(HBS )などと比べると費用対効果は高そうです。

それではINSEAD(インシアード)卒業生の就職先を確認してみましょう。

他のビジネススクール同様に、INSEADもコンサル、金融が強いですね。一方でINSEADは起業家の排出にも力を入れていて卒業生の4%が起業しているようです。

その他の情報

最後にINSEAD(インシアード)んおその他のデータとして気になる点を確認してみましょう。

留学生比率96%
女性比率34%
卒業3か月以内就職率84%
卒業生のよる推薦ランク4位
キャリアサポート34位

留学生比率が他のMBAと比べて群を抜いていますね。まさに多様性という言葉がふさわしい学校です。卒業生による満足度が全MBAの中で4位と注目に値しますね。

INSEAD(インシアード)MBAの特徴

それではINSEAD(インシアード)MBAの特徴を海外の他のMBAとはどう違うのかという観点からまとめてみましょう。

  • 組織とコミュニティに価値を創造することに重きを置く
  • 90カ国からの生徒
  • 10か月という短い期間でキャリアで集中
  • 短期だから費用を抑えてキャリアの中断も短く
  • 14の必修科目から75の専門科目を選べる
  • ビジネスの変化に応じたコンテンツの変化

INSEADはとにかく短期で、多様性の中で、最新のビジネスを学びたい人にオススメなことが伺えます

INSEAD(インシアード)の価値

INSEAD MBAですが日本人があえて進学する価値は何でしょうか。最も大きな特徴から考えると、以下2点になるかと思います。

  • 10か月という短い期間でキャリアを中断したいくない
  • 多様性というキーワードを大切にしている

MBA進学といえどキャリアが中断されることは事実です。大きく環境を変えて世界で勝負したいけれどもその期間をできるだけ短くしたい。

またアメリカのMBAのようにネイティブが多数を占める環境には身をおく事に疑問を感じている人などには価値が高いと言えそうです。

日本人にとってのIELTSと入学難易度

INSEADを志す日本人受験生にとっての難易度はIELTSとGMATのスコアメイクにかかっています。

TOEFLでも受験は可能ですがIELTS 7.0の方がスコアメイクの観点からは早く到達可能です。ソロの生徒をみいた限りですと、TOEFLとIELTSの相関性は以下のようになっています。

  • TOEFL95はIELTS7.0と同等
  • TOEFL100は IELTS7.0よりも若干難しい
  • TOEFL105はIELTS7.5と同等
  • TOEFL110はIELTS8.0と同等

早くIELTSのスコアメイクをし、GMATで700を目指して対策をしていきましょう。 一旦スコアメイクが完了すれば合格率は非常に高いスクールです。

IELTS7.0の勉強法

IELTSオーバーオール7.0を目指すにあたっては(R7.0, L7.0, W6.5, S6.5)を目標にすると最短で到達可能です。RLは7.0といえど40問中10問不正解してもスコアがでます。

Rはアカデミックな単語を増やしながらも構文をきちんととっていく練習が不可欠です。Lは再現性高くIELTSの音源が真似できるようトレーニングをしてください。 自分が生成できる音というのはきちんと聴きとることができます。

SWは採点基準を理解してから練習をすることをオススメします。独学の勉強ロードマップを作っていますので行き詰まっている人は参照にしてください。

メッセージ

INSEAD(インシアード)MBAの特徴・ランキング・IELTSと日本人の難易度にいついては理解できましたでしょうか。

他にも海外MBAトップ15校に関する情報に興味がある人は下記の記事を参照にしてください。

弊社はIELTSとTOEFLに特化しています。既に進学の準備を始めているけど英語で苦労しているという人は遠慮なく私に相談してくださいね、きっとお力になれます

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?