英語の単数・複数の聴き取りと書き取り練習

【単数、複数の書き取り練習】IELTSリスニング対策

こんにちは!

SOLO IELTS TOEFLルークです!

この記事では、英語の単数・複数の聴き取りと書き取り練習をします

「sを聴き逃してしまう人」や「スコアが上がらない人」の参考になれば幸いです。

IELTSと単数・複数の聴き取り

IELTSのリスニングでは、単数、複数の書き取りを練習しておく必要があります。“s”があるかどうかが、誤答か正答の分かれ道になるからです

以下の、どちらが “table”でどちらが “tables”か分かりますか。

音源

答えは、始めの音声が “tables”で、後が “table”です。

単数、複数の練習

さっそく、練習をしてみましょう。ペンと紙を用意して、下記のギャップに入る語彙を聴き取って書いてください。

音源

練習問題

  • 1. Try to keep to ____ which are well lit
  • 2. She loves to listen to ____. She says she’s not a player,
  • 3. Do ____, and aim at all times to increase your flexibility.
  • 4. I expect to go home in ____.
  • 5. They’ll be running one or two additional ____ so I might go to those.

単数、複数の書き取りは、上記のようなギャップの穴埋め形式の設問で、よく出題されます。

解答

  • 1. busier areas
  • 2. drums
  • 3. stretching exercises
  • 4. twelve months
  • 5. seminars

音声変化に注意

IELTSのリスニングでは、音声変化が起こるため、単数と複数の聴き分けが難しくなっています。

ここでの音声変化とは、 “s”の音が抜け落ちたり、後続の単語の “s”と同化することを指します。

実際に、例で確認してみましょう。

音源

  • トランスクリプト. He looks sad.

“looks”の “s”が、 “sad”の”s”と同化して、省略されているのが分かると思います。

以上が、英語の単数・複数の聴き取りと書き取り練習でした。

IELTSは、受験生が音声変化に弱いことを知っているので、この手の問題はよく出題されます。まずは、音声変換を知識として身につけ、自らも発声できるようになることが大切です!

次のレッスンでは、発音矯正の方法について学んでいきます。自ら発音できるようになることで、IELTSの音源がきちんと聞けるようになります!

最後に、IELTS対策で悩んでいることがあれば、お気軽にご連絡くださいね。

メールで相談する

LINEで相談する

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials